体毛の事を良く理解する必要がある

ではどうすれば無理なく効果的な脱毛ができるか考えてみましょう。そのためには、体毛の事を良く理解する必要がありそうです。体毛は、3つの部分に分ける事ができます。表皮から上に出ている部分、つまり私たちの目に見えている部分を「毛幹」と言います。

自己処理等で剃ったり脱色したりしている場合は、この部分だけを処理している事になりますね。髪の毛を切っているのと同じ事なので、また伸びてきます。表皮より下の部分、私たちが自分の目で見る事のできない部分を「毛根」と呼びます。毛穴の奥の部分ですね。この毛穴に皮脂腺が伸びているので、脱毛をする事でわきがなどが改善される事もあります。

女性ホルモンにはそれを抑制する作用がある

また、その毛根の根っこの部分を「毛球」と言います。この毛球部分の中には毛乳頭と毛母細胞があり、これが体毛に栄養を取り込んで成長させているのです。つまり、この毛母細胞をどうにかしてしまわない限りは、体毛は抜けてはまた生えて、を繰り返し続けるのです。

そうは言っても、自分でやるのは難しいですね。自宅でできる脱毛用の機械も販売されてはいますが、扱い方が間違っていたりすると、皮膚そのものにダメージを与えかねません。プロに任せた方が安心でしょう。また、むだ毛には個人差があります。これは産まれる前、胎内で決まってしまうので、後から増えたり減ったりするものではありません。

ただしホルモンの影響で、毛そのものが太く、濃くなってしまう事があります。男性ホルモンが毛乳頭を刺激して体毛を濃くするのに対し、女性ホルモンにはそれを抑制する作用があります。

Copyright(C)2013 "嫌なムダ毛を上手に処理するために必要なコト教えちゃいます
" All Rights Reserved.