思わぬ皮膚トラブルを招く場合もある

むだ毛の処理方法を考えたとき、まず思い浮かべるのは自己処理ではないでしょうか。自分で行うので、自分の好きな時、手のあいている時間に手軽に行う事ができます。高額な処理用の機材を購入するなどしない限りはお金もかかりません。

安価で手軽、なのですが、まめにお手入れをしなければならないので少々面倒くさいと思われる方もあるでしょう。また、処理をした後に生え変わって来たむだ毛がかえって太く濃くなってしまっていたり、皮膚が黒ずんできたり、思わぬ皮膚トラブルを招く場合もあります。

抜いた後生え変わってでてくる筈の体毛が、皮膚内に埋まったままでてこない「埋没毛」になってしまう事もあります。埋没毛になってしまうと、皮膚を切って埋もれてしまった毛を引き出さなくてはならない場合もあります。自己処理は、手軽で安価ではありますが、正しい方法でやらなくては思わぬトラブルを招くかもしれないというデメリットもあります。

「永久」脱毛ではない

美容皮膚科など、医療機関で脱毛をする方法もありますね。医療機関で行う場合の最大のメリットは「永久脱毛」が可能である事、また、医師が行うので、トラブルがあってもその場で処置してもらえる事です。が、いかんせん、「医療行為」ではあっても、保険の対象外なので、費用がかなり高額になります。

高出力の機械を使用するため、痛みが強い場合もありますが、これは麻酔を使用してもらう事もできます。自己処理より踏み込んだかたちで行えるのが脱毛サロンに通う方法です。痛みが少なく、短時間で終りますし、医療機関で行うより安価で済みます。ただし産毛にはあまり効果がない事、厳密に言えば「永久」脱毛ではない事などがデメリットとしてあげられます。

Copyright(C)2013 "嫌なムダ毛を上手に処理するために必要なコト教えちゃいます
" All Rights Reserved.