体毛は抜けてもまた生え変わってきます

頭髪が抜けてもなくなる事がないように、体毛は抜けてもまた生え変わってきます。体毛が抜けて毛母細胞が休んでいる時期を「休止期」、毛乳頭で体毛が形成され始めた時期を「成長初期」、伸び続けて表皮上に出て来た頃が「成長期」、毛乳頭から体毛が離れて抜け落ちてくる時期が「退行期」です。

この定期的な周期で生え変わって行く事を「毛周期」と言います。定期的に生え変わっていくので、自己処理でいくらむだ毛を抜いてもなくなる事はありません。表皮上、つまり私たちの目に見えている部分は、体毛の3分の1程度しかないとも言われているのです。また、この毛周期には個人差がありますし、部位によっても違います。

体毛の構造や周期の事もよく考えて

一番長いサイクルを持っているのが頭髪です。1日に0.35ミリ程度伸び続け、3〜4年程度かけて成長しきると抜けていきます。サイクルが長いので、そう目立つ事はありませんが、1日で抜け落ちる量はおよそ50本程度です。

また、手や脚も比較的長くて3ヶ月から半年、わきやビキニラインも同じく4ヶ月程度ですが顔の体毛は周期が短いのが特徴です。眉、まつげやあごなどはだいたい2ヶ月で生え変わるとされています。部位によって周期が違うので、同時に処理しても、また生えて来る時期が違ってくるのです。

また、部位によって体毛の生えている向きも違いますから、間違った脱毛をすると皮膚トラブルの原因にもなりかねません。脱毛をする際には、体毛の構造や周期の事もよく考えて、効果的かつトラブルがないようにしましょう。

Copyright(C)2013 "嫌なムダ毛を上手に処理するために必要なコト教えちゃいます
" All Rights Reserved.